発毛の仕組み

髪の毛発毛はどのようなメカニズムとなっているのでしょうか。髪の毛というのは皮膚の一部が変化したものです。最初に毛包がつくられて、その下部に毛母細胞が発生して、それが細胞分裂を繰り返すことによって髪の毛がどんどん生長していくのです。

また、髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。ずっと生長を続けるのではなくて、やがて生長が止まります。そして、髪の毛が抜け落ちて休止期に入るのです。そのあとに再び新しい髪の毛が生えてくるようになります。髪の毛が生えてこない方はヘアサイクルに異常が生じているのです。

そして、発毛というのは髪の毛を生やすことです。そのためにきちんとヘアサイクルが繰り返すように促すのです。ヘアサイクルを整えて、髪の毛がきちんと生え変わるようになれば、抜け毛や薄毛に悩まされることはなくなるでしょう。髪の毛が生えてこなくなったときに、それを生やそうとするのが発毛です。

発毛というのは毛母細胞を活性化させて、正しく髪の毛が生えてくるようにすることです。髪の毛が生えてこない方の中には、毛包や毛母細胞はそのまま残っているけれども、そこから髪の毛が生長してこないというケースがあるのです。さまざまな方法によって刺激を与えることで髪の毛が生えてくることがあります。そうなれば発毛は成功するでしょう。