正しいケアを身に付けよう

それらの原因を一つ一つ解消していくことは現実的ではありません。ですからまずは、自分で行えることを確実に行っていくことが大切です。それによって、よりベストな状態に、頭皮の状態を近づけることは可能です。例えば、ケアの仕方が間違っていることがあります。髪は私達が思っている以上にデリケートですので、使っているシャンプーや育毛剤によってもその状態が左右されることがあります。

シャンプー最近ではより良い効果を期待できる育毛シャンプーも用いられるようになりましたが、単にそれを一日使えば次の日にはフサフサになっていることはあり得ません。それは、継続的に用いる必要があり、しかも、自分にとって効果のあるもの、それを用いなければならないのです。また、シャンプーの方法にも注意すべきです。今まで頭皮を掻くように洗っていた人は、自分の頭皮を必要以上に傷つけてしまっていたかもしれません。髪の汚れや頭皮は定期的にマッサージして洗い流すようにするだけで十分に汚れが落ちます。このように正しいケアの方法を身に付けることも大切です。

髪のトラブルで悩んでいるのは男性、女性には関わりなく多くの人が持っている問題です。だからこそ、その問題には真摯に向き合い、正しい方法を実践したいですね。しかし、一人で向き合って行うには、困難な部分もあります。できることならば、髪のトラブルに強い専門クリニックに行き、治療をすることをおすすめします。

薄毛を進行させる要素たち

では、私達の髪の状態は全て食事に影響されているのか、という質問には、NOと答えられます。なぜなら、髪の状態を左右するのは、非常に多くの要素が考えられるからです。そしてその中には、自分では変えようがないこともあるからです。

タバコまず一つの要素は、『喫煙』です。先ほどのページでは髪が成長するにあたって質の良い栄養分が血液に乗って届けられることが必要と記述しましたが、喫煙はその栄養の質を悪化させ、阻害してしまいます。喫煙を常習的に行っている人は、髪の状態が悪くなりやすい、と言えます。次に、『ストレス』です。現代人にとって逃れられない要素とも言えますが、そのストレスの度合いによって、髪の状態に深刻な影響を及ぼす場合があります。ストレスが原因で円形脱毛症になってしまう人も珍しくありません。私達は、髪を少しでも減らしたくないなら、ストレスとの効果的な対処法を見つける必要があります。次が、『遺伝』です。これは、どうしようもありませんね。例えば、親が薄毛だったりすると、それが子どもにも遺伝され、子どもも薄毛になる(時期が早い)ということはあり得ます。他の原因として、AGAなどもありますが、どちらにしても様々な要因があるということが分かります。

良い栄養を摂取してますか?

栄養人間は、一日に必要な量の、様々な成分の目安があります。炭水化物はどのくらいまで、タンパク質はどのくらい摂取すると良い、という指標がありますが、誰もがその基準を満たす生活をしているわけではありません。というよりも、その生活を続けることは、とても難しいのです。なぜなら私たちは日々をとても忙しく過ごしており、その中で食事の事までも一生懸命になるのは、疲れるからです。しかし、そういった面でこそ、私たちは疲れなければなりません。さて、体の成長に栄養分を必要としているように、私達の髪の成長にも、栄養分を必要としています。

そもそも髪を生成し成長させるためには、血液に乗って運ばれる栄養分が必要です。その栄養分の質が高ければ高いほど、良い質の髪ができ、髪の『サイクル』にも良い影響を与えるとされています。髪のサイクルというのは、いわば新しい髪が生えてくる、髪が伸びる、その髪が古くなって抜け落ちる、新しい髪が生えてくる、という一定の周期のことであり、この周期が規則正しく行われていればいるほど髪の健康状態が良いとされています。ただし、このサイクルが悪循環に陥っていると、抜ける量が増えてしまい、髪にも良くありません。

薄毛には栄養が影響?

先生人間は生きるために栄養を必要としていますが、私達は自分たちがどのような栄養を摂取するのかという点については、自分たちで決定しています。たとえどのような健康法が紹介されようとも、体に良い食材が紹介されようとも、それらを本当に自分たちにとって良いものと判断して決定しているのは、私たち自身であると言えます。まさに、私たち自身の健康は、私たち自身に掛かっている、と言えます。そもそも『健康』という言葉も、かなり広い意味を持っており、本来の意味での、身体の健康と、精神的な健康を指す場合もあります。私達はどちらの意味であっても『健康』であり続けたいと思っていますが、それにはやはり、自分で決めている『生活習慣』を改善しなければならない場合があります。それにしても、私達が自分たちの行っている生活習慣について、客観的に見ると言うのは結構難しいもので、実は客観的に見ているつもりであっても、自分独自の視点や欲求が入り込んでしまうことがあり、正しい見方ができなくなっている場合もあります。その点において、客観的に自分の健康状態、そしてそれを左右している生活習慣にも目を向けてみることが必要です。

さて、私達の生活習慣が影響を与えているのは、いわゆる『内臓面』での健康だけでなく、『外見』での健康も左右しています。栄養のある食事を摂取することが健康に欠かせないのと同じように、『髪』の状態を良くするのも、薄毛になってしまうのも、栄養状態が左右する可能性があります。